Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
      






本質を伝えるものは何だろう 全てが伝わってはいけないから表面的な手段を使っているだけなのでしょうか 全てが伝わってもよい人間になればいいんじゃないのでしょうか 
でも昨日は身体でその人の全てが その時のその人の全てが みえたような 
それでしかないその人はとてもきれいでした







| diary | 17:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
白い土地
一昨日は久しぶりに仲の良い友達と会って酒を飲んだ。なんだかんだで6時間近く飲みつづけてしまい、近頃の酒弱な体質も忘れビールを飲みつづけた。決して頼んだ覚えはないビールが僕の前から絶えなかった。
帰りも終電に走って間に合い、頭痛いなと思いつつ帰宅し、少し酔いを覚ましてから頭痛薬を飲んだ。最近僕の頭にはイブプロフェンが効く事が分かった。薬局でバイトしていた時に薬の成分を見比べると、頭痛薬一つとっても鎮痛作用のある成分はいくつかある。そして薬は成分が全く同じでも、薬品会社の知名度によって値段が全然違うということもわかった。例えばイブプロフェン配合のEVE。もう一つメデタリン?だったかな。とりあえず、値段が全然違う。それとリポビタンD。タウリンが1000mgで結構な値段。別のメガビタンというのはタウリン2000mgで半分以下の値段。

話はとても横道を好む。ご参考に。


昨夜、新潟にきました。あたりは雪景色。ただ今週から少し暖かくなったようで暖房のない生活に慣れた僕は、こっちの住民よりも寒さに強くなってしまったようだ。朝から用事を済ませて、ブックオフに行った。地方のブックオフは店内が広くて、掘り出し物が豊富。ちなみに買ったCDは

MEKONG DELTA / visions fugitives
BILLY JOEL / river of dreams
ROLLONG STONES / steel wheels
ROLLONG STONES / voodoo longe
DEMETRIO STRATOS / concerto all'elfo

という内容。しかも全部250円。状態良好。
さすがブックオフだ。ちなみにDEMETORIOはAREAのボーカルでボイスパフォーマーとしても有名。早死にの天才。掘り出し物って、いいね。

マンションのような狭い空間で生活するよりも、やはり広い家と自然の空間があることはとても幸せだ。車に乗ってのんびりと眠気を抑えつつ走ったり、窓から見えるだだっ広い冬の景色も、窓から入る雪の明るさも、退屈と倦怠を感じながら、どこか止まった時間を感じることが出来る。
僕の田舎は人とのつながりが薄くなった土地だ。まだ東京都の下町の方が人のつながりはあるんじゃないかと思う。それは最近に始まったことではなく、昔からそんなに人と人が共同で生活しているという感じを体験したことがあまりない。生活の水準も上がって、人がいなくても生活が出来るようになってしまった土地だ。だから僕はそんな風じゃない生活にあこがれるのかもしれない。
| diary | 15:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
秋葉原の旅
今日は海外生活に必要な電気製品を買いに秋葉原へ行った。家にいるとやる事が多い反面、なにも出来ない状況になると気が抜けて、ふと気がついたら雑誌の立ち読みをしていた。今月末出発で航空券もまだとっていないのにね。用件をようやく思い出して、店内をぐるぐると五時間。高い買い物はとても悩む。そんな時は冷え性も忘れて、身体が嫌に発熱をする。
ただポイント還元という機能で、大きな買い物、小さな買い物を分ければ大きな買い物分だけで、あとはただでもらえる。

それで今日買ったのは電子辞書と、携帯用のHD、その他小物。HDは音楽の為に買いました。音楽聴かなきゃHDなんていらないのに。パソコンの容量の大半を音楽で埋めてしまう。それでパソコンをいじっていたらこんな時間ですよ。パソコン周辺機器は空白の時間をつくりやすい。なんだかんだ接続がどうの、フォーマットがどうのをやっていると、2時間くらい経っている。せっせとデータを移動してパソコンは今日、徹夜する。おつかれ。

空白とはいえ、きっと夢中になっているから空白が出来てしまうのかもしれない。でもそんな日は目が冴えて寝れなくなるので、ココアを飲んで暇つぶし。

明日が終われば日々の時間は少し増える。

1時43分が44分になって、僕は42分に戻れる。
| diary | 01:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
情報による空白の日々
最近とても忙しい。準備不足が悪い。準備をなめたらあかんな。まだ航空券もとれてませんし。英語も勉強しなければなりませんし。ただ近年のインターネットによる情報量は多すぎて、時間が掛かりすぎます。時間がもったいない反面、安いものを探さなければ金ももったいない。情報の多さは得るものが無い場合、時間を空白にします。

最近は英語を聴いて寝るのやめました。中途半端に緊張状態が続いて安眠できない事がわかりました。しかもこのまえ幽霊が出て,霊感や金縛りもないのに、英語のラジオで幽霊が出ました。それで殺されかけたので、聴くのやめました。それとこの家はあまり良くない、と何人かにそう言われました。

最近は走ってなかったけど、今日は走り、時間は20分に、のびた。では。

| diary | 22:53 | comments(2) | trackbacks(0) |
新年を明けることにしました
ようやく新年早々の肩こり、頭痛が和らいで仕事がはかどっております。(あるある大辞典のホームページで良くなった)ずっと軽い頭痛が続いて、集中力もなければ、激しく動く事も出来なくて、昨日はついに夜寝込んだ。新年早々体調悪くて、今年の抱負を考える事すら忘れていた。というか毎年考えてなかった。ということで新年早々出足が悪いのは嫌なので、僕は一足遅く、年を明ける事にします。

去年を振り返ると、不思議な時間を過ごしました。神経が疲れきった学生をようやく抜け出して、そのためのリハビリなんかもあり、少ししたら高校時代の快活さを取り戻しました。そして即興演奏を始めて、禅にも出会い、きれいな絵を描く女の子にも出会って、大分感覚を刺激された気がします。昨年は考えるに、あっという間ではなくて、自分が開けたおかげで、世界も開けました。とても充実していたようで、そうでもなかった事を今年の抱負としよう。

今年は時間の無駄遣いを減らします。朝ちゃんと起きて、規則正しい生活を送る。そして本来の身体の機能を取り戻す。考えてみれば禅に包まれた生活になっているわけで、感覚的であり、無駄のない禅はとてもいい。

今年は生活する所も文化圏も変わる。ラヂカルな血が何か導いてくれるだろう。
| diary | 15:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
禅で平穏に
実は昨日久々に頭に来た出来事があった。つい熱くなるような。しかもそれがいつまでたってもなかなか抜けない。床に入っても忘れられずにいたので座禅を少し組んだ。このところあまり座禅を組んでいなかった。それは毎日少しの時間座禅を組んでみた所で無心をしる事は出来ないと思ったからで、昨日は久しぶりだった。一週間ぶりくらい。でわかったのは、日々の座禅というものは、悟りや無心に向かうものではなく、宗教で謂うところの礼拝の類いであるということ。その行為をする事によって、教えを体内に吸い込んで、その日の出来事を吐き出すような役目だと思う。座禅を組むと、教えが思い出されて、さらには真っ白な状態に戻った。

僕がここ何ヶ月も気分にむらがなかったのもきっと毎日の座禅を組んでいたからだと実感した。悟りを急ごうとして、最も基本的な事を忘れていた。禅的な考え方はあるにせよ、禅をやっていて人間そのものが悪くなるはずはない(禅には善悪の区別はない)。そういう気分にむらのない状態が保たれてこそ、土台が出来上がっていくものだと思う。急がずにゆっくりいくのが大切だ何事も。楽をして得られるものなんて何も無い。来年は努力の年かな。努力というよりもすべてのことを継続させるようにがんばろう。きっとそれら全てで自分の持つ時間が埋まってしまうのが一番いいと思うし、それが自給自足の生活に一番近い気がする。
| diary | 01:14 | comments(2) | trackbacks(0) |
睡眠学習の影響
英語力に焦り、睡眠学習で夜通し英語のラジオをかけっ放した結果、昨日は外人が沢山出てきた。夢に。これで日本にいながら夢の中では外国だ。この方法以外といいかもしれない。英語の勉強方法で一番大切なのはリスニングの力だと言う。英語を2000時間聞いて、ようやく3歳児くらいの状態になるのだそうだ。で僕の場合だと2000時間達成までは一日12時間聞いたとしても約5ヶ月。長い。ただ聞かなきゃいけないと言われたら聞くしか無い。だから音楽を聞きたくても少し我慢。一日一アルバムくらいに押さえる。でも気持ち昨日よりも英語の聞き取りがいいように思える。きっと耳が英語に慣れてきたんだと思う。とにかくかけっぱなし。リーディングの勉強をしていてもBGM的に流しっぱなし。そのうち英語がないと寝れなくなりそうだな。

すこし勉強に疲れたので、走る。
| diary | 21:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
フランス語じゃ通じない
走る事が習慣になりつつある。少しずつ体力もついてきたとみえて、今日はほんの少し距離を延ばしてみた。しめて15分くらい。秋の夜空は星がきれい。田舎で自給自足の生活をしてもこの星空だけは変わらない。なんて思いながら、できるだけ苦しさを考えずに気持ちのよいことだけを考える。

今日はTOEICの模擬試験をしてみたところ、自分の英語力の無さに、そしてあと一ヶ月しか日本にいないことを考えて、心底焦った。英語圏に行くのになぜかフランス語しか勉強してなかったのが間違っていた。このままではなんとかなると思っていたこともなんとかならない気がする。なので英語を猛勉強します。とにかく英語ばかりの環境にするのが手っ取り早いので、夜もiTunesの英語ラジオを聞きながら寝ようと思う。昔流行った睡眠学習。暗記などには向かない気がするが、英語に慣れるにはきっといいはず。もちろん起きてる時も勉強してる。ただ貧乏生活の番組が自給自足編だったので、それは観てしまった。そして思った事には、やはり自給自足はなんとかなる。魚が食べたければ、漁師の人と野菜を交換すればいいんだ。どう考えても育てられる食材は限りがあると思っていたけれど、交換という手があった。昔はみんながそうやって、お金無くてもぶつぶつ交換してやっていけたんだな。それに北の国からでも労働を労働で返すということをやってたな。それはもらったから返すという形式的な事ではなくて、もっと大切な「恩」と「礼」ということ。北の国から大好きです。そしてそんな生活も結構やっている人多いんだな。アメリカ人もいた。そんな人達が集まって生活が出来たらとても楽しいだろうに。
| diary | 22:57 | comments(1) | trackbacks(0) |
ワーキングホリデービザの難点
今日一日休みだった。昨日の体調の悪さや、やる気の無さも消えて、旅のちょっとした準備をしてみたり、英語を勉強したり、ドラムを叩いた。家のエレドラでは物足りなくなりスタジオに二時間も入った。いつもは相方のギターと入るけど、彼は来年からおめでたい事に店長になるらしくきっと忙しいんだろう。全然オファーが来ない。スタジオまではちゃんと走って行って、10分ないくらい。でちゃんと帰りも走って帰った。まだ距離は延ばせそうにないけども、以前よりは楽に、気持ちよく走れるようになった。

気付けばもう今年は終わりで日本にいるのもあと一ヶ月。日本を離れるのは楽しくない事がいっぱいあるけれど、環境を変えるのも、新しい一歩を踏み出すのも今しておかなければいけない気がする。
ところで、ワーキングホリデービザというのは不都合が多く、やはりオーストラリアとフランスのように二カ国のビザを重複して取得する事は出来ないそうだ。でももしかするとオーストラリアの方だけは、途中でビザを無効にできるかもしれないと言われた。大使館にいって説明すれば可能性はあるらしい。ただこれでフランスに行ける可能性はとことん減った。フランス行きたかったなあ。でも考え方を変えて、英語は半年じゃあ覚えられないということにすれば、一年間オーストラリアに滞在すべき必然性が出てくる。まあ行ってから考えよ。
| diary | 21:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
ぬるまゆ
フランスワーホリを申請に出しておいて、オーストラリアにこれもまたワーホリビザで旅立とうかと思いきや、できないぽいやん。とりあえず身体とパスポートが日本にないと申請できないらしい。まだ詳しくは聞いてないが。たぶん間違いない。豪から仏へ直で行きたかった。となるといつか帰ってこないとなあ。うまい事理由をつけて一年一年くらいで豪仏計二年くらい行きたい。しかし予定が狂ったなあ。憂鬱。

先週は二日程走って、そしたら筋肉痛で走れなくなった。今週は少し頭痛がしててまだ走ってない。できれば走りたい。風邪かなあ。風邪ひくと色々面倒な事が起こると思うと、ここ4年くらい大きな風邪はひいてない。だけどちょくちょく小さい風邪がやってきてはくつろいでいらっしゃる。運動不足で治癒力も下がり、運動神経も下がった。たまに垂直に跳んでみると以前の突き抜けるようなバネはなくなり、伸びきったバネが腰を重たそうに跳ね返るようね。

家の寒さには慣れた。真冬に向かう家の中でしばらく過ごしたら今はなんて事は無い。そのときその時でものすごい寒い時もあるから、今だけかもしれないけど、エアコンを愛してるやつには耐えられないだろうな。なんとなく最近はオールドなロックにはまっていて、全然知らないやつを買ってみたり、音源をもらったりでなんとなくかけっぱなし。耳に残らないくらいのところを永遠と聴き続けるような気分。やろうと思っている事が喉の奥まで来ているのになかなか声にならない。喉のいがいがを咳払いしてる間に時間は過ぎるよ。なんの脈力も無くただぼうっとこなした行動が次の行動を押し出してくれればいい。

こんなかんじ。
the doors / the doors
fairfield parlour / from home to home
john lennon / plastic ono band
| diary | 22:19 | comments(3) | trackbacks(0) |